純ジャパ大学生TOEIC900点取得体験記

日本から出ずに100日でTOIEC900点を取る方法

TOEIC勉強対策で最も有効なのは速読力! TOEICは対策次第で点数がグンと伸びる!

f:id:shikiyu:20170424183042j:plain

TOEICで最大の敵は時間が足りないこと

「勉強しているんだけどTOEICの点数がなかなか上がらない...」

「英単語はもうだいぶ覚えたし、本番のTOEICテストの時もわからない単語はほとんどない。でも点数が思ったように伸びない...」

「リスニングはまぁまぁできるんだけどな...」

 

英語の基礎力はあるのに、TOEICでは本来の実力以下の点数しか取れない人の主な理由としては、時間配分ができていないことです。

 TOEICのリーディングの制限時間は75分。

その1時間とちょっとしかない時間の間に、

Part5(文法問題)、Part6(穴埋め問題)、Part7(長文読解)の合計100問を解かなければいけないのです。

f:id:shikiyu:20170424200943p:plain

http://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/about/format.htmlより引用

 

TOEICリーディングセクション高得点取得のコツ①
Part5,6には長くても25分以上の時間をかけないこと

 

 TOEICのリーディングセクションでPart7の最後の問題まで解き切るためには、いかにPart5、6に時間をかけないかが肝となります。

 

特にPart5の文法問題はほとんど脊髄反射で答えがわかるように数多くの問題に触れておきましょう。

 

Part5オススメの問題集はこちら!(準備中)

 

TOEICリーディングセクション高得点取得のコツ②
解く順番を変えてみるのも有効

 私自身が実際に試してよかった方法としては、part5から順番に解いていくのではなく、思い切ってPart7から解き始める方法です。

 

まだ時間がたくさんある時にリラックスして長文問題を解いてしまうというのも人によってはかなり結果が変わってくるのではないでしょうか?

 

しかし、このやり方で注意してほしいのが、part7に時間をかけすぎないようにちゅいすることです。

 

50分経ってもPart7が解き終わらない場合は、Part5,6に急いで移りましょう!

 

いかがでしたでしょうか?

 

私が紹介した二通りのコツはその人の性格によって好みが分かれると思います。

精神状態が安定している時に長文読解を片付けたい人は②を、

 

文法問題が得意なのでなるべく早く片付けて、ある程度の手応えを感じてから長文読解に移りたい人は素直に順番で解いていく①の方法を。

 

自分がやりやすいという方法が見つかれば、TOEICのリーディングセクションの点数は大幅に上昇します!

 

ちなみに私のやり方としては、Part5、Part7、Part6の順番でリーディングセクションは解いています!

 

速読力 = 多読

ネイティブ並みの英語能力になるためには、英語を英語のまま理解すること。

 

似たようなことを皆さんは一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

個人的にはこれは正しいと思っています。

 

英語 → 日本語 → 理解

と、英語を理解するまでに日本語でワンクッションおいてしまうと、

英語 → 理解

というネイティブの思考回路に追いつけません。

 

速読力とは要するに「ネイティブに近い速さで英語を読み、理解すること」なのです。

 

では、「英語を英語のまま理解する」という速読力を鍛えるにはどうすればいいのでしょうか?

 

答えはいたってシンプル、

 

新聞記事でも、TOEICの問題集でも、小説でもなんでも良いので英語をとにかく読みまくってください!

 

 できれば、TOEICによく出てくるビジネス系の文章が良いのですが、読むのがつまらないとか、苦痛だと思ったら別の文章で構いません。

 

とにかく、英語を毎日読みまくること!

これが速読には何よりも大切なのです。

 

私は個人的には英語の速読力はかなりのものだと思っています。

 

高校に入学した当初から英語だけは毎日勉強を続け、文法と単語を一通り終わらせたら、赤本の長文読解を大学問わず、片っぱしから解きまくっていました(私立高校なので図書館には古い赤本がたくさん置いてあったのはラッキーでした(笑))

 

そんな生活を毎日送っていると、

いつの間にか英語を頭の中で訳すよりも前に、内容がイメージとして頭に浮かぶので、言葉で理解するよりも先に、イメージ画像として理解できるようになっていました。

 

その当時は速読なんて言葉も知らなかったので、本当にごく自然にいつの間にか速読力は身についていましたね。

 

 速読力 = 多読量

 

英語を読めば読むほど、比例して速読力は鍛えられていきます。

 

本屋で見かける英語の速読力を鍛える方法が載っている参考書なんかを見ると、

時間を指定して内容を理解する、みたいな方法もあるのですが、最初のうちは時間なんて気にしなくて良いと思っています。

 

とにかく、毎日英語を読むこと!

 

これが成功への近道です!