BitCoin.com

仮想通貨や投資関連の記事をアップしていきます。

Fx初心者でも失敗しない!Fxデイトレードのコツとリスク管理

 

FXデイトレードのリスク管理

1日に何度もFXでの取引を繰り返す売買形式をデイトレードといいます。デイトレードは日々計算をすることから、日計ともいいます。

そして、生活の糧を日々のデイトレードで得ている人をFXデイトレーダーといいます。

FXデイトレードのメリットは、為替相場の大きな流れに関係なくその時々の流れに乗って利益を得ることができるところ。

デメリットとしては、短い時間での売買しかしないために大きな差益が狙えないことがあります。

大きな上昇トレンドでも、デイトレードでは乗ることができません。取引によって生じるFXデイトレードのリスクは、調整次第でごく小さなものにも破壊的な大きさにもなります。

FXでは、業者に一定額の証拠金として預け元金の何倍もの取引が可能なレバレッジという仕組みがあります。

業者に預けた証拠金の額が低くとも、FXでは瞬間的にレバレッジを上げて大きな取引が可能です。うまくいけば大きな差益を獲得可能です。

ただし、一発で元手が吹っ飛ぶリスクとも隣り合わせです。

通常の売買ではレバレッジは5倍程度が目安といわれますが、FXデイトレードの場合は瞬間的になら50倍〜100倍のレバレッジをかける方法もあります。

タイミング次第ではレバレッジを上げて、リスクがあっても大きな差益を狙うことができます。

レバレッジを変えながら取引が可能なFXは、リスクコントロールが容易でデイトレードに適しています。

FXデイトレードのコツ

レバレッジをかけてFX取引で大きな儲けを得るには、それなりのコツが必要です。

大きな儲けを出した人が出現するなどして話題のデイトレードですが、実は全体の70%は負け組で、大きな利益を得ている人は10%そこそこです。

一度の大きな失敗によって、それまでコツコツと積み重ねてきた小さな差益が一度になくなるような展開がFXのデイトレードではままあります。

円安への動きは少しずつじりじりと変わっていきますが、その後ストンと落ちます。FXのデイトレードでは、動きが急に変わるタイミングで損を大きくしてしまわないことです。

FXデイトレードを成功させるためには、自分なりの勝ちパターンのコツを見つけることです。

ただし、法則性に縛られすぎると思わぬところで損が出ます。何パターンかの法則を自分の中の引き出しにためておきます。

そして、その時々の状況に合わせて随時使い分けることがデイトレードで負けないコツであり、益を積み重ねていく上では必須です。

FXデイトレードとは、為替市場から少しずつお金をかすめ取っているようなもので、そのちょっとしたお金をかすめ取るタイミングは一瞬であることが多いです。

そのためFXデイトレードでは、その時その時の売買決断が重要なポイントなります。

利益がとれるタイミングを素早く取り、大きな動きに飲み込まれないよう早めに取引をすませることが大事です。

FXデイトレードの特徴

デイトレードは1日で取引を終わらせるFX売買の形式ですが、中長期の取引はそれ以上の期間で取引をします。

取引方法は変わりませんが、それぞれ売買のポイントなどは違っています。

短期で売買を済ませるならば、どうしても小さい値幅で取引をしなければなりません。その日のうちに売りと買いを行ってしまうからです。

FXデイトレードでは人によって差はありますが、0.3円〜1円程度で決済します。

中期から長期のFX売買では数円単位での売買を目指しますが、FXデイトレードの特徴は円単位の差益は狙いにくいです。

FXデイトレードの為替市場は1日じゅう開いています。

その中でも取引量が多く値動きが盛んになるのは、ロンドン市場オープン時と、ニューヨーク市場オープン時です。

ロンドン市場の開く夕方4時からと、ニューヨーク時間の開く夜9時頃が短期取引のメインの時間です。デイトレードでの稼ぎ時は、相場の動きが活発で値動きが激しい時です。

この他に、値動きを読むために必要なものとしてチャート表があります。FXデイトレードの場合は1時間単位か30分単位、10分単位など短い時間ごとに区切られたチャート表を参考します。

FXのデイトレードでは短い期間のチャート表が主体ですが、大きな流れをイメージすることができるように日単位の表もよく見ておきましょう。  

FXデイトレ向きの通貨

相場が大きく動く時、その一部をかすめるように差益を取るのがデイトレードです。

マーケットの中で相場が大きく動き、毎日激しく変動している通貨がデイトレードに適しています。為替相場の動きの激しさをボラティリティという言葉で表現します。

デイトレードにお勧めな通貨は、ボラティリティの高い通貨です。為替レートと値動きの関係をパーセンテージで表すと大体の変動性の高さがわかります。

2007年の米ドル/円を例にあげると、為替市場の値動きは17円。

最も円安が進んだ時は124円、最も円高の時は107円でした。FXボラティリティのポンド/円は最高値251円台、最安値は219円台で、動いた値幅は32円です。

ボラティリティを考えた時、米ドルの方がポンドより値動きが少なく、変動が少ない通貨といえるでしょう。

デイトレードでは、値動きの大きなポンドの方が米ドルより取引をしやすいのです。FXデイトレをしている人は値動きの大きい通貨であるポンド/円や、ポンド/ドルなどを売買している人が多いようです。

FXでは金利の差によるスワップポイントが通貨ごとに決まっています。

しかし、スワップポイントは日が変わる時につくものなのでデイトレードとは関係ありません。

デイトレードの適した通貨を選ぶ時は、相場の動きが素直で読みやすいこと、値動きが大きいことです。スワップポイントのことは考えずともいいでしょう。

FXデイトレの適性

瞬時の判断力と共に、一局に打ち込める集中力がデイトレード中は必要です。

常に状況が変わり続ける為替相場において、重要な局面を見逃さない判断力が必須です。

FXデイトレを成功させ続けるには精神力の鍛錬も必要です。

FXのデイトレードで上手に儲けを重ねていくためには、自己管理能力があり、思わぬトラブルや突発的な出来事にも柔軟に対応する適正が必要です。

FXの取引はネット端末があればパソコンでも携帯電話でも手軽に発注操作ができ、ゲーム感覚を抱いてしまうほどです。

とはいえ、ギャンブルやゲームのつもりでお気楽にデイトレードを楽しんでいるだけでは、継続して益を出すことはできません。

デイトレードに必要な適正としては、取引が思うようにいかない時などをどう乗り切るかを身につけることです。資産運用方法の中でも、FXのデイトレードは投機色が強い印象があります。リスクを負いながらチャレンジする賭け事的な印象もあるでしょう。

感性を磨き、的確な判断でデイトレードができるようになりたいものです。

自分自身の取引のスタイルを確立かせ、売買のタイミングや損切りの戦略などを固めていきたいものです。デイトレードは一歩間違うと大損ですが、自己管理がしっかりしているうちは安心です。十分な注意力と研ぎ澄ませた判断力で、リスクの高い取引を乗り切っていきましょう。