BitCoin.com

仮想通貨や投資関連の記事をアップしていきます。

サラ金について知っておきたい3つの事実

 

サラ金業者の悪質な手口

出来る限り安い金利でお金を借りたい。

もっと旨い具合にお金を借りられるところはないか。

 

など、借り手はたいていこう思うでしょう。

悪質なサラ金業者は、そういった利用者の気持ちを利用して儲けを得ようとしていています。

その手口はいくつもあります。

手軽にキャッシングが利用できる、どんな条件の人でも必ず融資できる、などの広告で消費者を誘う方法の一つに、紹介屋があります。

この時紹介されるのは、チラシを扱っているところとは全く別の業者なのです。

広告元は金融業など営んでおらず、自社とは全く関係ないサラ金業者に連れて行かれるだけです。

それで手数料を取られるのです。

整理屋と呼ばれるものもあります。

おとり広告を使い「債務を低利で整理します」などという文句で多重債務者を誘ってきます。

サラ金業者と多重債務者の間に弁護士が仲介して返済額を少なくすることができる、というふれこみでローンの整理を勧め、それまでよりいい条件での返済計画を立ててみせます。

いい話のようにも聞こえるのですが、実際はその金は返済されず、整理屋の懐に収められてしまうという仕組みです。

整理手付け金という名目で返済金を取られることもいり、返済が延滞して債務が増えるばかりという悪質な方法です。

悪徳業者の代表格に、ヤミ金融というものがあります。

これは、無登録のサラ金業者であることと、10日で1割(年利365%)などと、出資法上限を越えた高金利を取ってくる悪徳サラ金業者です。

人の困っているところにつけ込むことは、悪質な業者の常套手段です。

条件のよさそうな話には裏がある可能性がありますので、高額融資や低金利をうたう広告には十分に注意をしましょう。

 

借金返済を延滞すると

期日になっても借金の返済ができない時に何が起きるのでしょう。

ドラマのような派手な騒ぎや脅迫を連想されるかもしれませんが、現実はそれほど乱暴なことはありません。

暴力行為すれすれの返済請求はないことはないですが、よほど悪質な業者から借りた時だけです。

しかし、借りたお金を返しきれないことそのものが精神的なプレッシャーにはなるでしょう

暴力団員のような取り立て屋が借金返済を迫るシーンがドラマなどの定番ですが、実際は貸金業者は暴力団員を雇うことはできません。

貸金業者が暴力団員を取り立てなどの業務補助に起用すると、法律によって罰せられるのです。

 

期日までにあらかじめ決められた額の返済が行われなかった場合、翌日に金融会社側から返済催促の電話がかかっています。

紳士的な会社なら、本人が電話口に出ない限り名乗りません。

相手の話し方も丁寧で、穏やかに延滞理由を尋ねられるはずです。

この時点でいつ返済するかを確認されます。大体2日か3日くらいしか待ってはもらえず、1週間といった長期の延滞は受け付けてもらえません。

そして実際に2〜3日以内に入金がなく借金返済が延滞されると、また電話がかかってきます。

返済があるまでこの繰り返しです。ちなみにこれが中堅以下のサラ金業者ですと、電話口での態度はもっと悪くなるようです。

さらに延滞が続くと、封書での督促が始まります。毎週1通ほどのペースで送られてきます。

訪問回収もはじまり身辺調査もなされるようになります。近所や行きつけの店などに生活パターンの聞き込み調査、いずれは戸籍調査などがなされます。

借金返済の延滞3ヶ月と12ヶ月が経過した時点で事故情報が載ります。

こうなると、その後支払いをしたとしても延滞解消の記録は残り続け、新たに借金をすることは出来ないのはもちろん、一般のローンすら組めなくなります。

裁判まで進むのは、このようなプロセスを全て済ませてからになります。裁判で判決が降りることによって、差し押さえによる強制執行が行われます。

戸籍も社会も捨てることで逃げ延びることは可能かもしれません。

しかしお金を借りておきながら返さない人生には負債を消すことはできないでしょう。

 

サラ金の正しい利用法

お金を借りる時に熟考せず、軽い気持ちでサラ金を利用すると、その後の返済のために人生が狂ったり、大きな犠牲を出しかねません。

サラ金を利用せずに済む方法があるなら、それが一番です。

今後お金が入るあてがなく、かつ今現在のお金もなく、借りるしか方法がないような時もあります。

しかし、そんな時ほどサラ金は使うべきではないのです

返済能力がない時にお金は借りるべきではありません。

サラ金でお金を借りる時点で返す算段ができていたり、利用することで便利な思いができる時があります。

金利を把握し、計画的に返済していく見通しがある。

そんな形の返済までのプランが具体的にできていれば、サラ金からお金を借りてもいいでしょう。

サラ金を利用する時は長くても半年、理想は3ヶ月での返済を目指しましょう。それ以上長期化すると、思っても見ない人生に足を踏み入れることになるかもしれません。少しばかり予定外の事態になっても返済が可能なように安全率を見越して返済計画を作ります。

返せない額のキャッシング利用は論外ですし、返済までに何年もかかるようなお金を借りることも危険が多すぎるのでやめましよう。

自ら泥沼にはまる選択肢はないのです。

またその時、悪質な手口を見抜ける目も養っておきましょう。そもそもは自分に合ったペースで有意義な生活を送るためのものです。

余裕のあるキャッシング計画を立て、くれぐれも悪徳業者の手口にはまらないように。