BitCoin.com

仮想通貨や投資関連の記事をアップしていきます。

【最大200万円】社会人でも使える教育ローンとは?

 

進学ローンの選び方

目的別ローンの一つである進学ローンには様々な種類があります。

まず、進学費用が足りない時に一番最初に考えるべきは奨学金です。

奨学金は無利子で借り入れることが可能で、条件のよい方法といえます。

ですが奨学金を受けるには成績や世帯の年間収入などの様々な制限があります。

進学ローンを選ぶことは、奨学金の対象者にならず他の方法を探した時といえます。

民間の進学ローンや公的な進学ローンはそれぞれに特色があります。金融機関によっても条件は様々ですので、選ぶ際は慎重に決めましょう。

審査が早く金利の高いものや、借入限度額は低いけれど金利の安いものなど、返済手段や借り入れまでの日数なども比較ポイントです。

金融機関に直接申し込むこともできますが、電話やFAXでの申し込みも可能です。最近では、インターネットのホームページで申し込みができる金融機関もあります。例えば国民生活金融公庫の教育ローンは低金利が特色です。

融資までに多少時間がかかっても金利の低い教育ローンを利用したい時はちょうどいいでしょう。

低金利なので、民間金融機関の教育ローンよりも返済が楽です。

中央ろうきんの、教育ローンは変動金利制で、金利は3〜4%台と低く押さえられています。

限度額は500万円前後となります。民間の教育ローンの金利は公的な教育ローンより高めですが、秋から春にかけてキャンペーンによって金利を安くすることもあるので、窓口に問い合わせてもいいでしょう。  

 

社会人でも使える進学ローン

子どもの教育費のためにあるという印象の強い教育ローンですが、それだけではありません。

社会人の使う教育ローンとは、資格の取得やキャリアアップを目的としたものです。

現代では社会人になって勉強が終わるわけではなく、長く働き続けるにも常に自分を磨き続けなければなりません。

自然と教育費も必要となります。例えば国民生活金融公庫の教育ローンは、専門学校の学費や職業開発校の学費に使えます。

最大で200万円までの金額を教育ローンとして融資してもらえます。固定金利型で返済の最大期間は10年。社会人でも利用することができます。

銀行などでも、国の教育ローンとほぼ同じような形で社会人でも使える進学ローンがあります。銀行などの教育ローンでは、口座の利用状況などで金利の優遇もあります。

限度額は300万円程度、金利は年4%〜7%と少々高めですが、個別の状況を確認してみましょう。

とはいえ、国民生活金融公庫の進学ローンは一定収入がある正社員でなければ利用できないなど、様々な条件があることに注意をしましょう。国民生活金融公庫の進学ローンは、学生当人は申請資格を持たず、社会人でもパートやアルバイトには利用できません。

つまり会社を辞めて勉強に打ち込みたいと思った場合、会社を辞める前に審査を受けておくべきです。退職してからの申し込みは手遅れになりますので要注意です。