BitCoin.com

仮想通貨や投資関連の記事をアップしていきます。

ビットコインは金の代わりになり得るのか?

f:id:shikiyu:20170810221543j:plain

ビットコインは金のように売買できるのか?

有名なビットコインをはじめとする仮想通過は近年話題になっています。分析者の中には、従来のクレジットカードにそれがとり代わる思う人もいれば、他者と個人的な取引ができる匿名性を称賛する者もいるようです。
しかし面白いことに、ビットコインは商品と思われています。その証拠にビットコインの現在の価値は、同量の金に比べて高くなっています。
ビットコインが今後市場にどのような影響を及ぼすか、その可能性を見定めるには、現在の金の値段と、それが仮想通過にどう関係しているかを知ることが重要です。

 

金の栄光は失われた?


この記事が書かれた時、金の価値は1オンス(約31g)につき1,233ドルを前後していました。金はトランプ政権の中でもまったく影響を受けず、その価値は上がると予想していた投資家がいたため、この弱気な状況に驚いた者も中にはいました。
これはただ起こったというわけではありません。値段はいくらか上がりましたが、この黄色い金属は先行き見えない時期にありました。
ビットコインの値段を見てみましょう。ビットコインは現在、約2,600ドルの価値があり、金よりも随分高くなっています。これにより、ビットコインは将来、売買に通用する通過となるのか尋ねる投資家もいます。
実際に過去、その勢いある上昇から資本を得た人々もいます。主な質問は、ビットコインのしくみ、誰が使用するのか、金と同様に売買に使用可能なのか、といったものです。

ビットコインについてさらに深く

始めに覚えておくべきことは、ビットコインの価値は、金のそれを揺るがすのと似た要因に影響されるということです。
下記がいくつかの例です:
• 需要と供給
• 市場変動
• ブロックチェーン(取引のためのデジタル台帳)の保護
• メディアの影響
• 地政学的な出来事と投資家の予測
とはいっても、ビットコインの価値が上昇した理由は、日本や中国といった他国が、この種の通貨での取引に寛容になってきている事実があるからです。
近年のマルウェア攻撃により、テクノロジー通たちは、ビットコインがデータ盗難の恐れがある他の電子取引にとり換わる安全なものだと見始めました。
一般の投資家が今後、仮想通過での取引に参加できるか、というのが今後の大きな疑問です。

 

ビットコインは金のように取引できる?


金の価値は、2017年になってから10%上昇しましたが、ビットコインの上昇率は153%です。よって、人々がビットコイン投資に関心を示す理由は明らかですね。
しかし、この電子通貨を、金の売買に使う同じ技術で取引できるのでしょうか?
主なマイナス点は、ビットコインは、個人間のビットコイン取引間で利用可能だということです。
投資家は実際、ある通貨の価値を別の通貨のそれと取引しているため、Forex取引とほぼ同じように見ることができます。このような取引が将来普及するのか、それは分かりません。

 

ビットコインの使い方


ビットコインはすでに、大きな取引において使われています。例えば、1,100万ドルという価値のあるヨットが、2014年というずいぶん前に購入されました。他の個人間の取引も、もっと低い値段でも行われていたであろうことは、予想が付きますね。
ビットコインが金のように取引される日が来るのでしょうか?今確実に言えることは、現在のこの勢いが、投資家の注目を集めているということです。